革靴種類

30代のオシャレに靴を履きこなす方法

30代でオシャレに履くために意識する部分は3つ

30代がオシャレに靴をはたくためには以下の3つを意識する必要があります。
フォルム

装飾
これらを意識することにより年齢にあった履きこなしが可能になります。
順番に解説していきます。

フォルム

靴を選ぶ際に見るポイントとしてフォルムがあります。フォルムとは靴の形ですがフォルムはすっきりしたものを選びます。すっきりとは端的に言うとほっそりとしたイメージで
こちらの画像を参考にいただくとわかりますがすっきり見えますでしょうか?
この商品が悪いわけでなく紹介スタイルとは相性がよくないだけのはなしですが決してすっきりは見えないかと思います。細いフォルムを選択する理由ですが上の画像のような靴だとフォルム見え方の効果として子供っぽいイメージになる傾向があります。そうなると20代は問題ないかもしれませんが30代くらいになると雰囲気と合わなくなる可能性があります。そのため靴を選ぶときはすっきりとした靴を選択すると相性がいいです。

次に靴を選択する時に見るポイントとして色があります。色はイメージにもかなり影響を与えるので注意して選択する必要があります。色を選択する時の気をつけるポイントは派手な色は選ばないことです。実際は靴の色はだいぶ限られるので使用する色としては黒、紺色、白色の3色です。おすすめは黒のシューズです。黒は色の中で一番フォーマルに見えるので上品な雰囲気を出すには非常におすすめの色です。また、黒は合わせやすい色のため他のアイテムとの色の相性をそこまで意識せずとも使える色ので万能性の面からみてもおすすめです。

装飾

次に見るべきポイントは装飾の多さです。
装飾とは例えばロゴマークなどです。装飾が多ければ多いほどカジュアルの印象になります。できるだけ上品に見せる事を意識している面では装飾は少ない方がいいです。ロゴマークがついているブランドも多いのですができるだけロゴマークもない方がよりすっきりとした印象で履きこなせます。そのため、ロゴマークがついていてもロゴマークだけで他の装飾がついていないものを選択するといいです。

30代はより上品に見せるのがコツ

30代で靴を選ぶ際に基本的に意識する面としていかに上品に見えるかがポイントです。年齢的にも大人な雰囲気がでてくるため、その雰囲気をなるべく増して見せる事がコーディネートのポイントです。これまで述べたポイントを意識してアイテムを選択すると自ずとそのようなコーディネートになってきます。どのポイントにも共通するのができるだけ無駄なものは排除して状態がいいです。ロゴマークなどの装飾やフォルムもできるだけ何もついていない状態がよりフォーマルに見えるポイントのためもし選択に迷ったらそのようなポイントをチャックして選ぶのもいいかもしれません。