革靴種類

革靴を安くカジュアルに履けるおすすめを紹介!コスパの良いブランドは?

革靴は値段とクオリティーがピンきりです。
安くてコスパのいい革靴と他の革靴の違いは素材と履き心地です。

値段の割に高級ブランドと思えるほどの履き心地や見た目のブランドもありますね。
革靴でコスパの良さを見極めるのは重要。

選ぶ革靴を間違えるとすぐに壊れたり、履いていくうちに足が痛いこともあるでしょう。

そこで今回の記事ではカジュアルに履けてコスパのいいブランを紹介します。

革靴でカジュアルとは?

革靴でカジュアルとは普段で履いても違和感がないことを言います。
カジュアルとは見た目のデザインで決まります。

・つま先のデザインは細いか太いか
・装飾が多いか、少ないか
・靴紐はあるか、ないか
基本的にこの要素を見てカジュアルな革靴と判断します。

カジュアルな種類で代表的なのはローファーやウィングチップシューズなどですね。

革靴がカジュアルだと普段で合わせることができるので、また、違った印象を与える事ができます。

安くてコスパの良いブランド

安くてコスパいいブランドを紹介します。
革靴のブランドは多いです。

値段もピンきりなので、正直どれをえらんだらいいのかわかりにくいですよね。
今回は実際に見て、履いたブランドで安いこの値段でもこのクオリティーはコスパいいと思うブランドをピックアップしました。

リーガル

リーガルは日本のブランドです。
リーガルは値段の割にクオリティーが高く履きやすいです。
日本人の足の形に合わせて製造しているため、履き心地がいいですね。

日本人の足の形は他の国に比べると足が広くて、甲が高いです。
そのため、海外ブランドを履くと、痛くて履けないこともあります。

その点、リーガルは履いていると痛いことも少なく履きやすいです。
革靴の種類も豊富で、なおかつ、値段も3万円代なのでコスパは高いです。

履き心地がいい革靴を履きたい方はリーガルはおすすめです。

[リーガル] メンズ ビジネスシューズ 本革 コイン ローファー

グリーンレーベルリラクシング

グリーンレーベルリラクシングはユナイテッドアローズのラインナップの1つです。
値段も手頃でコスパの高いものが多いですね。
革靴に関してもオリジナルで製造しているものは値段も3万円以下で購入できるものも多いです。

革靴に関しても素材も悪くなく、履き心地もいいです。
グリーンレーベルリラクシングは日本人に向けて製造しているので、足の形に合わないことも少ないです。

そのため、かたちと素材の面で合格点は十分超えています。
高級ブランドと比べるともちろん劣りますが、ミドルクラスの革靴としてはコスパは高い。

できるだけ値段を下げて、なるべくいい革靴を欲しい方はおすすめです。

グリーンレーベルリラクシング レザーローファー
created by Rinker

ビーミング

ビーミングはセレクトショップビームスのラインナップの1つです。
価格帯も3万円いかないほどの値段です。

素材などのクオリティーも高く、なおかつ日本人向けにこちらも製造しています。
そのため、履いていると痛いことも少なく、履きやすいかたちになっています。

価格帯も最小限に抑えていい革靴が欲しい方はおすすめです。

ビーミング by ビームス ペニー ローファー メンズ

カジュアルな革靴のコーデ方法

カジュアルな革靴の簡単コーデ方法を紹介します。
簡単にできるコーデはシンプルに合わせることです。

シンプルに合わせるとは特にデザインも入れずにシルエットや色でコーデすることです。
革靴自体がスニーカーよりもフォーマルで履くだけ雰囲気が出ます。

そのため、無理に主張するよりもシンプルに合わせるとまとまります。
サイズは細めで色は白や黒などのシンプルな色、それに革靴を合わせるだけです。

一見味気ないですが、コーデしてみるとちゃんと様になります。
革靴をコーデする時はシンプルで合わせることを意識しましょう。

革靴はコスパが大事

革靴は値段とクオリティーはピンきりです。
また、ブランドも多いため、ちゃんと選ばないと状態の悪いものを購入してしまいます。

素材やデザインと履き心地を見て、このクオリティーならこの値段はコスパがいいと判断します。

しかし、最初はその判断が難しいです。
そのため、いいと言われたものは一度買って、目利きを高めていくしかないですね。

今回紹介したブランドはどれもコスパがいいのでぜひ、一度試してみてください。

ビットローファーの画像
ローファーと革靴の違いはなに?大きく違う3つのポイント!革靴とローファーの違いについて、解説しています。また、使える場面、使えない場面についても、詳しく解説しています。...