革靴知識

革靴に履きシワがついた時の対策を紹介!シワを伸ばす方法はこれでいい!

革靴 シワ

革靴にシワがつくのは嫌ですよね。
特にお気に入りの革靴にシワがつくと残念な気持ちになります。

革靴にシワがついた時はどうしたらいいの?

こんな疑問にお答えします。
革靴のシワがつかないように対策するには

  • シューキーパーを使用する
  • クリームを使う
  • ストレッチャーで伸ばす

このいずれかです。

この記事では革靴のシワの対策について詳しく解説してきます。
革靴のシワをどうにかしたい方は参考にしてください。

革靴のひび割れの原因は?割れた時の対処法とシューケアも解説!革靴のひび割れは革の栄養不足が原因 革靴のひび割れの主な原因は栄養不足が原因です。 革素材にも潤いが必要ですがその保湿がされないと革...

革靴のシワのつく原因

革靴を履いているときに気づいたらシワがつくことがあると思います。
お気に入りの革靴にシワがついていたらがっくりです。

革靴のシワのつく原因はしゃがんだりして革の許容範囲を超えた時に曲がってしまい跡がついてしまうのがシワになります。
革自体そこまで柔らかくないのため、1回曲がってしまうと革靴を元に戻すのがが難しくなります。
また、シューツリーを入れずに置いておくと革靴はシワになりやすいです。

洋服に例えるとハンガーにかけずに使用しているとシワになってしまいます。
革靴も同じで履いたら履きっぱなしにしているとシワになります。

そこで今回はシワがつかないようにする対策とついてしまった場合の対策をご紹介します。

革靴の履きジワはつく前の対策が重要

本来は革靴はシワがついてしまうと消えないものです。そのため、シワがつかないようにするのが一番需要です。

革靴にシューキーパーを使用する。

シューキーパーの画像引用:amazon.jp

 

革靴にシワがつかないようにするためにはシューキーパーを使用します。
シューキーパーとは革靴のなかに入れる木型です。
こちらを履き終わったら毎回使用することにより、型崩れもなく、また、靴の中の湿気もとってくれるため、非常に便利なアイテムです。

このシューキーパーを入れることによりだいぶシワのつくことは減ります。
シューキーパーを入れることは簡単にできるので履き終わったら常に入れておくことをお勧めします。

もし、革靴のサイズが合わない時も使用すると多少伸びたりすることもあります。

革靴をクリームでケアをする

次に革靴にシワがつかないようにするためにクリームでケアをします。
革が乾燥するとシワがつきやすく、ついてしまったときに消えにくいです。

また、シワが原因でそこからひび割れを起こしてしまう可能性があります。
それを防ぐために何回か履いたらクリームでケアをすることが重要です。

革靴をクリームでケアすることにより、寿命も伸びて長く履くことができます。

靴の手入れのやり方はこちらの記事で紹介しています。

ビットローファーの画像
革靴の寿命はどのくらい?買い替えの時期と長く革靴を履く方法!革靴の寿命は手入れと製法による 革靴の寿命はどのくらいなのか? 答えはその革靴の手入れの頻度と作っている製法によります。 そのため...

革靴にシワがついてしまった時の伸ばす方法

革靴のシワをつかないように対策をしてもシワはついてしまいます。
そこでシワがついてしまった時の対策をご紹介します。
あくまでもシワをすこし伸ばす程度のため、完全に消えるわけではないことをご了承ください。

ストレッチャーでのばす

ストレッチャーでシワを伸ばす方法です。
ストレッチャーとは本来サイズが合わずに革を伸ばしたいときや当たって痛い箇所を伸ばすことに使用します。

ストレッチャーの使い方

1.ストレッチャーを用意します。

革靴ストレッチャー画像

 

2.ストレッチャーを用意したら、靴ひもやストラップがある場合ははずします。
ストレッチャーが入るように本体についているつまみを回してサイズを調整します。
そして、シワがついている個所にシューズストレッチャーの部分の穴にダボという拡張パーツを取り付けます。
革靴ストレッチャー画像

 

3.シューズストレッチャーを靴の中にいれ、靴のサイズを合わせながら本体のつまみを回していきます。回す方向でつま先が開いたり、かかと部分が開いたりするため、今回はつま先にシワができていたら、つま先部分を開きます。
革靴ストレッチャー画像

ストレッチャーを入れたら1日おきます。

そして、シワの部分がどのようになっているかを確認します。
シューズストレッチャーを使用する時の注意点は

  • サイズを大きくしすぎない
  • 開きすぎると革靴を痛めてしまう

これらに注意していればシワを伸ばす方法としては一番安全なやり方です。
まずはこの方法をやってみてだめなら他の方法を考えるかたちです。

スチームアイロンを使用する

次に紹介する方法はスチームアイロンを使用する方法です。
こちらの方法はアイロンで熱を加えてシワを伸ばす方法ですが基本的にはおすすめしません。
なぜなら、革は熱に強くできていないため、荒療治的な手法です。

どうしてもシワを伸ばしたいなどの理由であれば試してみるものありです。

準備するもの
・シューツリー
・タオル
・シューケアクリーム
・布

1.シューツリーを入れる
シューキーパーの画像

2.タオルをかぶせてスチームをあてる

タオルをシワのついている部分にあててその上からスチームを当てます。

アイロンを押し当てるのではなく、スチームで当てるイメージです。熱を加えるだけのような感覚でやります。

3.クリームを塗る
スチームを当てた箇所にクリームを塗っていきます。クリームを塗ったら乾燥させるために1日おいておきます。

スチームアイロンを当てる手法はあくまでも最終手段のため、どうしてもお気に入りのシューズを復活させたいたなどの時意外は先ほど紹介したストレッチャーで伸ばす方法で行いましょう。

まとめ

今回は革靴のシワを伸ばす方法をご紹介しました。
革靴のシワは履いてると必ずつきまとう問題です。
しかし、事前にケアをしていれば解消できる問題です。

革靴にシワがついてしまうと簡単には元に戻すことは難しくなります。
革靴は事前のケアが非常に重要です。

もし、革靴にシワがついてしまった時はストレッチャーで伸ばすなどして、
対策が必要です。

革靴のシワを予防する、もし、シワがついてしまったら、対策をして、なんとか伸ばす。
これらが大事になります。

ぜひ、愛用の革靴のシワがつかないように、ついてしまったら早急に伸ばすように対策することをお勧めします。