革靴知識

私服に革靴はダサい?ジーンズに合わせるにはこのタイプ!

私服に革靴を合わせるとダサく見えることがあります。
ダサく見える理由は
・革靴のフォーマル度を理解していない
・靴のシルエットのバランスが悪い
が多いです。

革靴や洋服にはフォーマル度があり、揃えることが重要。
フォーマル度が合ってないとバランスが崩れた印象を与えます。
【→カジュアルな革靴のコーデ方法はこちらを参照

私服で革靴を合わせるにはフォーマル度を揃えて全体的にバランスを整えることが大事。
フォーマル度を整えてコーデするとダサく見えることもありません。

そこで今回の記事では革靴の特徴とフォーマル度、コーデ方法について解説します。
合わせてジーンズの合わせ方も解説します。

私服に革靴がダサく見える理由

私服に革靴がダサく見える理由を解説します。
革靴は基本的にスーツになどフォーマルな場面で使用する事を想定して作られています。

そのため、私服で合わせるには合わせ方を理解していないとバランスが悪くなります、

気にするポイントは以下です。

  • フォーマル度の違い
  • スニーカーとシルエットが違う

それぞれ詳しく解説します。

フォーマル度の違い

革靴はフォーマル度が高いシューズです。
そのため、カジュアルな私服とはミスマッチが生まれます。

フォーマル度を合わせて、コーデすることが大事。
フォーマル度を合わせるには
・革靴のフォーマル度を下げる
・私服のフォーマル度を上げる
どちらかを実施して、フォーマル度を合わせます。

革靴のフォーマル度を下げるにはカジュアルな革靴のローファーなどを使用することが多いです。
私服のフォーマル度を上げるにはきれいめなスタイルでコーデをする。

きれいめなスタイルはサイズ、色、アイテムでフォーマル度を上げます。

革靴 画像
カジュアルに履ける初心者におすすめの革靴5選!ポイントはデザインと装飾!カジュアルな革靴を初心者が選ぶ時のポイントとおすすめのブランドを紹介しています。カジュアルな革靴はデザインなどを見るのがポイントです。...

スニーカーとシルエットが違う

革靴をスニーカーと同じ感覚で合わせると、バランスが悪くなります。

革靴とスニーカーはフォーマル度もシルエットも違います。
革靴のデザインはスニーカーよりも細めにできていることがほとんどです、

そのため、合わせる洋服のシルエットも細身の方が相性がいいでしょう。
スニーカーのように太めのパンツでも合わせることが基本できません。

革靴を合わせる時はシルエットに注意しましょう。

革靴を選ぶ時の基準

革靴を選ぶ基準を解説します。
革靴にはデザインや見た目、使える場面など様々です。

選ぶ基準をわかっていないと合わせてはいけない革靴を合わせてしまいます。
見るべきポイントは
・デザイン
・使える場面
・ソールです。
今回の記事では特に重要なデザインについて解説します。

革靴のデザインの種類で決める。

革靴のデザインは種類があります。
それぞれ特徴や使用できる場面も異なります、
私服で合わせる時もデザインの特徴や用途がわかると合わせやすくなります。
デザインの種類ごとに解説していきます。

ローファー

ローファーはカジュアルに履ける代表的な革靴です。
革靴の中では1番フォーマル度が低いため、私服でも合わせやすいでしょう。

私服で合わせる時は全体的に細めのシルエットで合わせると良いですね。
特に気をつけるポイントがパンツの太さです。

私服で革靴を合わせるとダサく見える理由がパンツとのミスマッチ。
ローファーの華奢なフォルムに太いパンツを合わせるとバランスが悪く、ダサく見えます。
合わせる時はパンツは細めのタイプを選びましょう。

コスパ最強3万円台で買えるローファー!おすすめのブランドはこれ!ローファーはブランド数も多く、選ぶのが大変です。 コスパのいいブランドも実際に履いてみないとわからないことも多数。 コスパの良い...

プレーントゥ

プレーントゥはカジュアルでビジネスシーンでも使用できる万能な革靴です
プレーントゥを私服で合わせる時はローファーとは違い少し太めのパンツでもいいですね。

理由はプレーントゥ自体がつま先が丸く、見た目にボリュームがあります。
そのため、細めのスキニーパンツなどを合わせるとバランスが悪くなってしまいます。
プレーントゥのボリュームに負けないくらいの程よい太さのパンツを合わせると相性がいいですね。

プレーントゥは私服でも合わせる事ができる革靴です。

ウィングチップ

ウィングチップシューズはメダリオンと呼ばれる穴の装飾がついた革靴です。
デザインはつま先から、サイドまで羽が広がったようなデザインをしています。
フォーマル度としてはローファーの次にカジュアルな印象です。

そのため、私服で合わせても問題ないのです。
しかし、その装飾の多さから合わせ方が難しいです。

ウィングチップシューズはカジュアルスタイルで程よいパンツの太さとラフさがあると相性がいいでしょう・
程よいパンツの太さがあるとウィングチップシューズの装飾のボリュームに負けずに履く事ができます。

ジーンズとの合わせ方

ジーンズと革靴を合わせる時は細めのパンツを合わせるといいでしょう。

革靴ジーンズを合わせることが難しいとよく聞きます。
実際には革靴をジーンズで合わせることは難しくはありません。

ジーンズがカジュアルアイテムです。
カジュアルなアイテムに太いパンツを合わせると子供っぽい印象を与えます。

ジーンズと革靴を合わせる時はなるべく、細めでコーデします。
そうすることで、全体的にまとまりのあるコーデが出来ます。

私服に革靴は合わせ方次第

私服に革靴を合わせることはダサくありません。
革靴の合わせ方次第でかっこよく履くことは可能です。

しかし、革靴の特徴やフォーマル度などを理解していないとコーデすることは難しいです。

革靴や合わせる洋服のフォーマル度や特性などを理解して、合わせるとダサく見えることはないでしょう。

この記事で紹介したようにまずは革靴の特性などを理解しましょう。

革靴 画像
カジュアルに履ける初心者におすすめの革靴5選!ポイントはデザインと装飾!カジュアルな革靴を初心者が選ぶ時のポイントとおすすめのブランドを紹介しています。カジュアルな革靴はデザインなどを見るのがポイントです。...