革靴種類

夏でも履ける革靴を紹介!おすすめのブランドも解説!

夏でも革靴を履くには軽さが重要

夏でも革靴は履けるのかと疑問にかじる部分もあるかと思いますが、結論として履けます。
靴の中が蒸れたりすることも気になるかと思いますが工夫次第でそこはなんとかできます。

この記事では夏でも履けるおすすめの革靴を紹介します。
夏の革靴で重要なのが軽快さです。
やはり、革靴でも冬で履くのとは訳が違うので夏ではしっかりと軽快な革靴を選びます。
軽さとは見た目と物理的な重さもあります。

その点を考慮して紹介していきます。

夏でも履けるおすすめの革靴

デッキシューズ

夏の定番シューズデッキシューズです。
デッキシューズにはキャンバス地のものとレザータイプがありまして、レザーのタイプをおすすめします。

デッキシューズのもとは船で履くためを考慮して作られたシューズのため、履き心地もよく、夏のシューズのため、軽く蒸れる心配も無いです。
非常に季節感のある、シューズで夏っぽく履けてなおかつデザインもシンプルで合わせやすので1足あると非常に便利なシューズです。

こちらでおすすめのデッキシューズを解説しております。

おすすめのデッキシューズブランド5選【メンズ編】夏はこれで決まり!夏にデッキシューズは非常におすすめ 夏の洋服をコーディネートする時はシューズは何を履こうか迷う時も多いですよね。 夏はショートパンツ...

ローファー

ローファーはこちらは季節問わずに履ける革靴ですが革靴のなかで夏でも履きやすいシューズのため紹介します。
ローファーは靴ひもがないスリッポンのタイプのため軽快に履きやすいシューズです。

また、カジュアルになりやすい夏の格好にきれいめなアイテムのローファーを持ってくることによりバランスも取れるアイテムです。

ローファーの中でも革が重かったり、軽いものがあるため、できるだけ軽めの革がいいですがそこで選ぶとなかなか選択するのが難しいため、ローファーのくくりとして選ぶといいです。

合わせ方としてはショートパンツに合わせてもいいですし、少し短めの丈のパンツに合わせると相性がいいです。
底が低いシューズのため丈が短めの方が見た目のバランスもきれいに見えます。

バレエシューズ

バレエシューズはその名の通りバレエを踊る時に履くシューズです。
特徴としては底の浅いソールと柔らかい革で足にフィットする靴です。
見た目もスッキリしているため、非常に軽快感があるシューズで夏に履くにはおすすめです。

有名なブランドとしてレペットがあります。
こちらも合わせ方としては底が浅いため、短めの丈のちょっと細めのパンツが相性がいいです、丈が長かったり、太めのパンツだと見た目が華奢なバレエシューズがパンツのボリュームにまけてしまい、バランスが悪く見えます。
そのため、パンツは細めで丈は少し短めくらいがバランスよく見えます。

レザーサンダル

レザーサンダルはその名の通り革製品のサンダルです。
サンダル事態はなるの定番アイテムのため、季節感は言うことないですがサンダルの欠点としてカジュアルなりすぎて少年っぽさが出てしまうところです。

その欠点を補うのがこのレザーサンダルです。
レザー自体がきれいめな印象を与える素材のため、サンダルのカジュアルさをレザーの印象でバランスをとるかたちです。

合わせかとしてもそこまで強く意識する部分はなく合わせやすいですがやはりサンダルも底が浅いためショートパンツか丈の短めを合わせると相性がいいです。

こちらの記事でおすすめのサンダルを紹介しますのよろしければご覧ください

メンズのサンダルでおすすめのブランドを紹介!この夏は履いておくべき!夏のコーデに欠かせないサンダルですが、ブランドの数が多すぎてどれがいいのかわかりにくいです。 サンダルのブランドにそれぞれ特徴があ...

カジュアルになりがちな夏こそ革靴を履くべき

夏に履く革靴はカジュアルになりがちな夏のスタイルに非常におすすめです。
夏はどうしても少年ぽさが出てしまいますがそこできれいめなアイテムの革靴を取り入れることでバランスが取れるスタイルにできるアイテムです。

また、使いやすい革靴などのタイプも有るため、そのあたりを意識しながら合わせていいです。

今回の記事で紹介したシューズは全て合わせやすいタイプのため1足あると非常に便利なアイテムです。

ぜひこの機会に揃えてみてください。