革靴知識

ローファーで黒色と茶色ならどっち|茶色は難しい?【メンズ】

ローファーで定番の色は黒色と茶色です。
購入する時にどちらの色にするのか迷いますよね。

黒色も茶色もそれぞれ特性があるため、与える印象も変わります。
結論は様々な場面で使うことができ、コーデの幅も広がる黒色がおすすめ。
ローファーのコーデ方法は?

黒色は茶色よりフォーマルな印象を与えることが出来ます。
フォーマルな色だと合わせる時もバランスが取りやすいでしょう。

そこで今回の記事は黒色と茶色なら黒色がいい理由を紹介します。

合わせて茶色は使うことが難しいのかを解説します。

ローファーで黒色と茶色なら黒色がおすすめ

ジャランスリワヤのローファー

ローファーで黒色と茶色なら黒色ががおすすめです。
理由として黒はフォーマルな色で様々な場面で使うことが出来ます。

普段着の時、ドレスカジュアルの服装などカチッとしたいときに黒のローファーは使用できます。

茶色のローファーだと普段着はいいですが、カチッとしたいときにカジュアルな雰囲気になる可能性があります。

黒はフォーマルな色なので、全体のコーデするときもカチッとした印象を与えてくれます。
なぜ黒色がおすすめかこの後、詳しく解説します。

黒色がおすすめの理由

ローファーの画像

黒色がおすすめの理由を紹介します。
黒色がおすすめの理由は以下の通りです。

  • フォーマルな色で色んな場面に合う
  • 合わせれる色が多い

それぞれ詳しく解説します。

フォーマルな色で色んな場面に合う

黒色はフォーマルな色で色んな場面に合わせる事ができます。
コーデする時に難しいのが色の合わせ方です。

色を合わせる時はカジュアル度などを見ながら合わせます。
カジュアル度とはきれいに見えるかそれともカジュアルに見えるかです。
全身が赤だとどこなく子供っぽい印象を持ちますよね。

逆に全身が黒色だとかっちりと大人っぽい印象を持ちます。
そのため、コーデする時はフォーマルを意識します。

洋服はカジュアルなものが多いため、シューズはフォーマルな方がバランスが取れるのです。

(→カジュアル履けるおすすめのブランドはこちら!

ローファーは黒色のほうが全体的にバランスが取れやすのでおすすめです。

合わせることができる色が多い

黒は合わせれる色が多いです。
黒はフォーマルな色なため、合わせることが出来ない色はありません。
茶色だとカジュアル色になるので、カジュアル同士のアイテムになると相性が悪い部分がある。

デニムに茶色のローファーだとよりカジュアルな印象を与えます。
黒は色々な色に合わせることができるのでコーデする時の幅も広がります。

ローファーで合わせるスタイルを考えると黒色がおすすめです。

ローファーのサイズの合わせ方

ローファーのサイズはジャストサイズを選ぶのが基本です。
ローファーのサイズを合わせるときの見るべきポイントは3つ。

  • 足の長さ
  • 足の幅
  • かかと

ローファーをあわせる時はこの3つのポイントを見ます。
足の長さは縦の長さです。

足長を合わせる時は捨て寸と呼ばれるゆとりを考えるといいでしょう。
捨て寸とは足先にあるゆとり。

シューズは歩いていると前後に動くため、多少のゆとりは必要です。
ローファーを履いて足の爪先が当たるようだと少し小さいです。

次に足の幅です。
これは親指の付け根と小指の付け根の部分の幅です。

足の幅はジャストサイズを選びましょう。
ローファーは靴紐ありません。
そのため、足幅のフィット感で靴を支えています。

足の幅にゆとりがあると、靴が脱げてしまいます。
足の幅はジャストサイズを選びましょう。

次にかかとです。
かかともジャストサイズを選びましょう。

かかとにゆとりがあるとサイズは大きいと考えていいでしょう。

ローファーは足長の実寸とサイズを合わせるといいです。
足長が26.0cmならローファーのサイズも26.0cmでいいです。

ネットで購入する場合は実際に履けないため、サイズ交換をできるか事前に確認しておきましょう。

ローファーはジャストサイズに履くのが基本です。

茶色のローファーは難しい?

ローファーの茶色を合わせることは難しいのか?
結論から言うと難しくはありません。
ローファー自体がカジュアルとドレスのバランスの取れたアイテムで合わせやすいからです。

黒に比べると合わせることができるスタイルや場面が限られてしまうだけです。

もし、茶色を合わせる時は全体のフォーマル度を意識するといいでしょう。

茶色は黒色に比べるとカジュアルな色です。
そのため、上に着用するアイテムはきれいめなファッションを選びましょう。

靴が茶色なら洋服は黒などの落ち着いた色を選ぶ、サイズは細めなどバランスを取っていきます。

全体的なバランスを考えてコーデすれば、茶色はそこまで難しい色ではありませんね。

ローファーはまずは黒色

ローファーはまずは黒色を選びましょう。
黒色のほうが合わせることができる色も多く、コーデする時も全体的バランスが取りやすいです。

また、黒色はフォーマルな色なため全体的にかっちりした印象を与えることも出来ます。
ローファーは革靴です。

できるだけかっちりした印象を与えたほうがアイテムとしても雰囲気がでます。

ローファーは最初は黒色のほうがおすすめです。

スーツにローファーはおかしいのか|ビジネスシーンの使用はだめ?スーツにローファーは合わせることはできるのか? 基本的にはカジュアルな革靴のため、合わせることは出来ません。 【→ローファーと革靴の...