革靴種類

リーガルでおすすめのカジュアルな靴|プレーントゥとローファーがいい!

リーガルの革靴

リーガルはカジュアルな靴を多く販売しているブランドです。

おすすめのカジュアル向けの靴はプレーントゥローファー
理由は履きやすいさとクオリティに対して値段がお手頃です。

プレーントゥとローファーは合わせやすい靴でもあります。

また、リーガルは日本のブランドで日本人の足のかたち合わせて製造しているため、履き心地がよく、靴擦れも起こしにくいのが魅力。

日本人の足のかたちを理解しているからできることでしょう。

そこで、今回の記事ではローファーとプレーントゥがおすすめの理由を詳しく解説します。

Uチップの画像
リーガルの靴は恥ずかしい?ダサいことはない3つの 理由を解説!靴のREGAL(リーガル)はダサいと言われますが決してそんなことはなく、ましてや履いていて恥ずかしいことはありません。なぜ、ダサいと言われてしまうのかを解説しています。...

カジュアルな靴とは?

革靴にはカジュアルな革靴とフォーマルな革靴があります。
カジュアルな革靴とは普段でも履ける革靴です。

そのため、スーツに合わせることは基本的にはできません。
カジュアルな革靴の代表として、ローファーやウィングチップ、プレーントゥなどがあります。

プレーントゥに関してはカジュアルな革靴に入りますが、スーツにも合わせることができ、万能な革靴です。

カジュアルな革靴の特徴は装飾がついている、かたちが通常の革靴とはまた違います。
リーガルのカジュアルな革靴のおすすめはプレーントゥとローファーです。
その理由を解説します。

リーガルのプレーントゥがおすすめな理由

プレーントゥがおすすめな理由を解説します。
プレーントゥはつま先が丸く、装飾がないのが特徴です。

おすすめの理由は

  • 合わせやすい
  • 万能な革靴

詳しく解説していきます。

合わせやすい

プレーントゥは合わせやすい革靴です。
理由はデザインがシンプルでスーツスタイルにも合わせることができるためです。

かたちの特徴はつま先が丸く、少し、ボテっとして雰囲気です。
シンプルな形でカジュアルな革靴として、合わせる時もそこまで苦労しないでしょう。

コーデする時はきれいめなスタイルに合わせるといいですね。
着る洋服で主張するよりも全体的にシンプルにまとめたほうがきれいに見える革靴です。

また、リーガルは日本のブランドでかたちも日本人のかたちに合わせています。
そのため、海外の革靴よりも馴染みやすく履きやすいです。
プレーントゥは合わせやすく、リーガルのブランドならな履き心地もいいですね。

万能な革靴

プレーントゥのおすすめの理由は万能な革靴です。
プレーントゥはカジュアルに履くこととスーツなどのフォーマルなスタイルにも合わせることができます。

そのため、1足あると非常に便利で使いまわしができます。
他の革靴に関してはスーツスタイルにしか使用できない、カジュアルにしか履けないなど制約があります。
プレーントゥはどちらにも合わせることができる珍しい革靴です。

リーガルはプレーントゥの種類も多いので、選びやすいのでおすすめです。

プレーントゥの画像
プレーントゥのカジュアルメンズコーデ特集を紹介!デザインの特徴も解説!プレーントゥのかたちのカジュアルにコーデする方法を解説しています。コーデする方法を知りたい方は参考にしてください。...

リーガルのローファーがおすすめな理由

ローファーがおすすめな理由を解説します。
ローファーがおすすめの理由は以下です。

  • 履きやすい
  • カジュアルスタイルと相性がいい

ローファーがもともと作られた背景に脱ぎ履きがしやすい理由があります。
ローファーの語源が怠け者ということから革靴の中でも一番カジュアルです。

リーガルもローファーの種類を多く出しているので選びやすいですね。

おすすめの理由を詳しく解説します。

履きやすい

ローファーがおすすめの理由は履きやすいです。
ローファーは靴紐がないため、脱ぎ履きがしやすいです。

そのため、カジュアルに履くときも煩わしい感覚がありません。
通常の革靴はひもがついているため、履くときも結んだりと一手間があります。

リーガルのローファは革素材もよく、値段も高くないのでコストパフォーマンスの面から見てもいいですね。

リーガルのローファーも日本人の足にフィットするように設計されているため、履きやすいかたちになっています。
リーガルでカジュアルな革靴でおすすめはローファーです。

カジュアルスタイルと相性がいい

ローファーは革靴の中で一番カジュアルです。
そのため、カジュアルスタイルと相性がいいです。

革靴を普段履くときに困るのがフォーマル度の違いです。
革靴は基本的にフォーマルな靴なので、普段のカジュアルなスタイルに合わせるとミスマッチになります。

しかし、ローファーならカジュアルな革靴のため、普段着と合わせてもミスマッチが起こりにくいです。

リーガルのローファーは歴史も古く改良されているので、足にフィットして履きやすいかかたちになっています。
革の素材もよく、値段も手ごろなのでまず、1足ほしい時はリーガルがいいですね。
革靴でカジュアルスタイルと相性がいいのは少ないので、ローファーはおすすめです。

ビットローファーの画像
トリッカーズのローファーのサイズ感を紹介!評判と他のモデルとの比較トリッカーズのローファーのサイズ感と評判に ついて解説します。トリッカーズの革素材は硬い と言われています。その理由も解説します。...

どちらか1足あるとコーデがしやすい

プレーントゥとローファーをどちらか持っておくとコーデもしやすく、幅が広がります。

どちらも種類もリーガルは取り揃えており、品質もいいので履きやすいです。
リーガルの最大の特徴は日本人の足のかたちに合うように作られていることです。

革靴の悩みとして、革靴に足のかたちが合わないことが多いです。
日本人は足の幅が広く、甲も高いので余計に合いません。

リーガルの革靴なら日本人の足にフィットしたかたちになるので、足が痛くなることも少ないです。

ぜひ、リーガルのプレーントゥかローファーのどちらかを持っておくことをおすすめします。