革靴種類

ビットローファーのコーデをオシャレに見せる5つの法則

ビットローファーとは

ビットローファーとはローファーの先端にホースビットという馬具という金具がついたかたちです。もとの起源はファッションブランドのグッチが最初に発表したといわれています。

ビットローファーの特徴

ビットローファーの一番の特徴は先端についた金具です。
この金具がカジュアルなローファーの印象をエレガントな雰囲気にしてくれます。
基本的な形はローファーと変わりはないです。スリッポンタイプでレザー素材のタイプです。
補足としてローファーは基本的にはカジュアルな印象です。革靴なのでスニーカー程カジュアルになるわけではありませんが革靴の中では一番カジュアルです。そのローファーにエレガントさを加えたのがビットローファーのため、非常に上品な雰囲気に仕上がっています。
ローファーの脱ぎ履きのしやすさと履きやすさを兼ね備えてなおかつ上品な印象になる非常にバランスのとれたアイテムです。

ビットローファーの合わせ方

次にビットローファーの合わせ方をお伝えします。

ビットローファーは大人っぽく合わせる

ビットローファーは先ほども伝えた通り、上品さのあるシューズのためある程度はおとなっぽさを出すコーディネートすることを意識します。しかし、ジャケットを普段着に着用するにはなかなか難しいかと思います。
コートなどきれいめを意識したアイテムを合わせると相性もいいです。
逆にビットローファーにパーカーやTシャツなどカジュアル感のアイテムは相性があまりよくないでしょう。

ビットローファーに合わせるパンツの太さ

ビットローファーに合わせるビットローファーのパンツの太さですが基本的には細めでいいです。
理由として先程伝えた通り、ビットローファーは上品な雰囲気が特徴のアイテムです。
ファッションの見え方として太めはカジュアル、細めはきれいめに見える印象になります。
そのため、上品なアイテムのビットローファーに太めのパンツを合わせると上品さとカジュアルさがけんかしてしましバランスが悪くなります。
そこで細めパンツを合わせてまとまった印象をつくります。

ビットローファーに合わせるアイテムは?

ビットローファーに合わせるアイテムは季節によって変化します。
基本的にはきれいめなアイテムを合わせることに変わりはありません。
トップスで言うとコート、カーディガンジャケット、カーディガン、ポロシャツ、半袖シャツ、M-65、パンツは細めの落ち着いた色のパンツを合わせると相性もきれいにまとまります。
アイテムに関しては数えればきりがないのですが、とにかくカジュアルになりすぎないように注意してアイテムを合わせていくときれいにまとまります。

ビットローファーは崩すポイントをつくる

いままできれい目に合わせると伝えていたのを逆に崩すポイントを作るというと混乱させてしまうかもしれません。
ファッションのテクニックに崩すという方法があります。これは全体的にかっちりしてまとめていたのでどこかでカジュアルなアイテムをいれることです。
今回のビットローファーで言えば全体的にかっちりしているのに対してどこかにカジュアルなアイテムをプラスすることです。
例えば、靴はビットローファー、パンツは細めのパンツ、上はコートを着ている。全体的にはかっちりした印象でまとまっています。
そこにあえて、カジュアルなアイテムの帽子をかぶるなど、崩すポイントをつくることです。このようにビットローファーのコーディネートはかっちりした印象になりがちなため、どこかに遊びを入れる感覚でアイテムをプラスするとオシャレに見えます。

全体的なシルエットの作り方

全体的なシルエットのつくりかたですが簡単にいえばサイズ感です。
今まではなした流れなんとなくわかるかもしれませんが、全体的に細めのシルエットでまとめることです。ビットローファー自体が上品なアイテムのため、カジュアルな印象になる太めのアイテムは相性があまりよくありません。
細めのサイズ感で合わせることにより、ビットローファーの上品さを損なわずにコーディネートすることができます。

ビットローファーはきれいめにコーデする時に便利

ビットローファーはその特徴的な形のため他の人とは違った雰囲気にコーデできますし、基本的にはローファーと大きく違うわけではないため、比較的あわせやすいアイテムです。
そのため、きれいめにまとめる事に注意は必要ですが使うのが難しいアイテムではありません。

様々なスタイルに対応はできますし、ちょっとアクセントがほしいときなどそこまで主張しないあのホースビットがい雰囲気をだしてくれます。

ビットローファーは1足あると便利

ビットローファーはシューズの中でも特殊な部類に入ると思います。金具がついているタイプのシューズはなかなかありません。
そのため、ちょっと違うコーディネートがしたい時やちょっとアクセントほしいなというときにうってつけのシューズです。
なおかつ使い方もそこまで難しいわけではなく、ちゃんと法則を守ってコーディネートすればきれいにまとまります。アイテム1つでオシャレに見える数少ないシューズです。

この機会に履いてみてはどうでしょうか。