革靴種類

パラブーツのおすすめの名作と人気モデルを紹介!品質の高さは秘密とは?

パラブーツとは?

パラブーツとはフランスのシューズメーカーです。
主に革靴をメインに製造を行っており、デッキシューズなども製造しております。
過去にはパラシュート競技用のブーツ、登山靴、パイロット靴などを製造しており、シューズ製造における技術の高さを証明するものとなっています。

1908年にレミー・リシャールポンヴェール氏が開きました。
パリの様々な階級の顧客から支持を集めていた靴職人のリシャールポンヴェール氏は1926年にアメリカへ渡航しました。この時にアメリカ人が履いていたラバーブーツに注目し、帰国後にゴム底の靴の開発に乗り出しました。
ブランド名の由来としてゴム素材にブラジルのパラ(Para)港から直輸入した天然のラテックスを使用したことからパラブーツの名がつけられました。

現在日本でも非常に人気があり、どこのセレクトショップでも1足は見かけるシューズメーカーです。また、母国フランスでの人気も絶大であります。

パラブーツの特徴と魅力

パラブーツの特徴と魅力を紹介します。

ソール

パラブーツの最大の特徴はソールです。
唯一自社でソールを製造するメーカーです。現在ではビブラムソールなどがあり、革靴製品にラバーソールを使用する事は通常ですが最初にそれを実行したのがパラブーツです。
ビブラムソールよりもずっと前に製造していました。
ソールの特徴としては少々厚めのソールですがその分クッション性に優れており、履き心地も非常にいいかたちになっております。
その理由として素材に天然ラテックスを100%使用しています。
ラテックスとはゴムの木から取れたゴムの樹液の事をいいます。この素材は枕などにも使用されるほどクッション性に長けた素材であり、木、1本から取れる樹液も非常に少ないため、貴重な素材です。そのラテックスを使用しているからこそクッション性の高さを実現できます。

素材

パラブーツのレザーはリスレザーという素材を使用しています。
このリスレザーは他のレザーよりも油分を多く含んでいるため、水に強く雨に打たれてもシミなりにくい特性があります。
また、独自になめされたその風合いは上品さがでており、シューズのケアを行えば何年、何十年も履ける1足です。
購入した当初は白く粉が吹いているかもしれませんがこれはリスレザーの油分などが噴出したもので上質なリスレザーだからこその現象です。

製造

パラブーツの特徴としてすべてハンドメイドで製造しております。
また、靴のつくりとしては主に『ノルヴェイジャン製法』で作られます。
手法を説明するとかなり複雑になるため説明は省きますが、多くの素材はしっかりとすべて縫い付けることによってその強い耐久性を実現しています。
この製造方法は技術がいるため扱えるメーカーが少ない中でパラブーツは最高級の岐技術を持っています。

パラブーツ定番モデル

次にパラブーツの定番モデルをご紹介します。

パラブーツ定番シューズ①『CHAMBORD(シャンボード)

こちらのシャンボードはパラブーツを代表するモデルです。
日本でも雑誌に何度も雑誌に取り上げられるくらいのモデルです。
かたちとしてはUチップと呼ばれるかたちを採用しています。
見た目はパラブーツの特徴でもある、厚めのパラテックスラバーソールに素材にリスレザーを
使用しており、上品な仕上がりになっております。
製法も
普段使いで使用することもでき、ジャケットスタイルなど、きれい目なスタイルにも合わせられる1足です。
万能性が高いためコーディネートの幅も広いタイプです。

パラブーツ定番シューズ②『MICHAEL(ミカエル)

定番の人気モデルのパラブーツのミカエル

アルプス地方が発祥とされるチロリアンシューズとも呼ばれるかたちのシューズです。

もとは登山靴の靴として使用されていた靴を街でも履けるように製造したのがパラブーツです。
歴史の長いモデルで過去に倒産危機にあったパラブーツをイタリアの会社がこのミカエルを気に入り人気に火がついて注文が殺到して回復したという会社を救ったモデルでもあります。特徴としてはUチップのかたちをしており、ボリュームのあるフォルムでカジュアルなスタイルにも相性がいいシューズとなっています。

パラブーツ定番シューズ③デッキシューズ『BARTH(バース)

次にご紹介するモデルがデッキシューズのバースです。
デッキシューズとは夏の定番シューズです。
デッキシューズ自体少しカジュアルな印象のあるのですが、パラブーツのものにかんしてはそのような印象もなく、上品な雰囲気に仕上がっています。
また、ソールもフランス海軍に採用されるほどのクォリティーのため履き心地の面から言っても申し分ないかたちになっています。

パラブーツ定番モデル④ダブルストラップ『WILLAM(ウィリアム)

次に紹介するモデルがウィリアムです。
こちらはかたちがモックストラップというベルトタイプになっており、上品な1足です。
パラブーツがイギリスの最高級品メーカージョンロブのアウトドアラインを請け負っておりその時のモデルがベースとなっているため、上品な1足に仕上がっています。
モンクストラップ自体スーツスタイルにも合わせるくらいフォーマルなかたちですがソールはパラブーツの特徴であるラバーソールを使用しているため程よくカジュアル感があるため、普段着で使用しても問題ないかたちになっています。

パラブーツ定番モデル④ローファー 『REIMS(ランス)』

次に紹介するモデルがランスです。
こちらはローファータイプなのですがなんとローファーにパラブーツのラバーソールをつけているため、他のローファーとはまた違う雰囲気になっています。
普通のローファーはレザーソールなどでボリュームをそこまで大きくないのですがこのランスに関してはパラブーツのラバーソールを搭載しているためすこし、ボリュームのあるかたちになっております。
そのため、普通のローファーとは違った雰囲気に仕上がっています。
すこし、カジュアル感もあるため、本来ローファーはきれいめなスタイルに相性がいいのですがこちらのランスに関してはすこし、崩したスタイルでも合わせられます。
そのため、万能性の高い1足なっています。

サイズ感

サイズ感ですが、こちらは個人差やシューズの型番によって変化するため一概には言えないのですが参考までに筆者はスニーカーは普段26.0㎝を履いていますが、ミカエルのEUサイズで40がジャストサイズです。
サイズ表記は以下の通りです。

日本サイズにするとすこし小さめを選択するイメージです。
もし、通販などで購入する場合はサイズ交換が可能かを確認して購入することをおすすめします。
合わせ方
合わせ方としては革靴なので基本的にきれいめスタイルが相性がいいです。
しかし、パラブーツが他の革靴メーカーと違うのはなんと言ってもラバーソールです。
このラバーソールのボリュームが程よいカジュアル感を演出してくれるため多少崩したスタイルでも相性がいいです。

パラブーツは品質も1級品のため人生で1足は持っていても損はありません。

また、様々なスタイルに合わせれる万能性も兼ね備えているため、履く機会がそれほど限定されることもないため便利な1足となっています。
この機会に試してみてはいかがでしょうか。
履いたらその魅力にやみつきになるでしょう。