スニーカーおすすめ

ナイキのブレーザーとは|おしゃれに見える履き方とコーデ方法を解説!

ナイキのブレーザーはレトロ感もありデザインが特徴的なスニーカーです。

ナイキのブレーザーの履き方はどうするんだろう?
コーデ方法は?

こんな疑問を解決します。

ナイキのブレーザーはボリュームもあり、カジュアルな印象が強いスニーカー。
細身のスタイルで合わせると相性が良いでしょう。

そこで今回の記事ではナイキのブレーザーの特徴やコーデやサイズ感などを解説します。

この記事を読めばナイキのブレーザーをきれいに履きこなすことが可能。

履き方で悩んでいる方は読んでみてください。

コンバースの画像
スニーカーの手入れのやり方を解説!やるかやらないかで寿命が変わるスニーカーの手入れをしたいけど、やり方はどうしたらいいのだろう? このような疑問にお答えします。 スニーカーの手入れは手順が明確...

ナイキのブレーザーは定番モデルの1つ

ナイキブレーザーの画像

ナイキのブレーザーは定番のモデルの1つで非常に根強い人気があります。

シンプルな見た目とレトロ感のあるシューズ。

非常にかっこいい雰囲気があります。

実際に普段で履こうとするとどう合わせたら迷ったりしますよね。

ナイキのブレーザーの特徴や印象を理解するとよりコーデが楽になります。
特徴や形が与える印象さえわかればどのように合わせればいいか自ずとわかります。

ナイキのブレーザーはハイカットとローカットのものがありますが、どちらもスニーカーとしてはボリュームのあるシューズです。

ナイキ好き
ナイキ好き
ナイキのブレーザーは特徴的だけど合わせ方で非常にかっこなります。

コーデ方法としては足元にボリュームがある分上に着るものはすっきりと見せると良いでしょう。
合わせ方がわかれば使い回しのしやすいスニーカです。

・ナイキのブレーザーは全体的に細めで合わせると良い。
・ボリュームがあるから合わせ方次第で存在感が出る。

かっこよく履くコーデ方法

ナイキにブレーザーはボリューム感あるスニーカーのため、カジュアルな印象が強いです。
そのため、デニムなどで合わせてしまうとより、子供っぽい見た目に。

出来るだけ、きれいめにコーデするとまとまります。

そこで注意点がブレーザーはハイカットなどはボリューム感があるため、パンツのサイズ感とのバランスを考えないけません。

そこでおすすめするコーデスタイルを紹介します。

きめいめアメカジスタイル

ナイキのブレーザーのコーデ画像by:wear.jp

ナイキのブレーザーのローカットのタイプを合わしたスタイル。

きれいめに見せるためにサイズ感は細身で合わせています。

デニムシャツを合わせることでアメカジっぽさを演出。

黒は落ち着いた印象を与えるため、黒をベースにしてるのもポイント。

合わせる時は細身で黒をベースにするとナイキのブレーザーはうまくまとまるでしょう。

きれいめカジュアルスタイル

この投稿をInstagramで見る

 

今泉 亜壱斗(@aito_12m)がシェアした投稿

きれいめカジュアルにブレーザーを合わせたスタイルです。

こちらのスタイルも同様にパンツなどは細身で合わせています。

ハイカットタイプのため、ボリューム感でカジュアルな印象が強め。
スキニーの黒パンツでフォール度を上げて、バランスをとっています。

もっと大人っぽく仕上げたいなら、白シャツスタイルなどで合わせてもいいです。
ちょっとラフな感じを出したいならTシャツで合わせるなど自分の好みで問題ないです。

ナイキのブレーザーは見た目もシンプルなので非常に合わせやすく使いやすい1足です。
ぜひ、この機会に1足持ってみてはどうでしょうか。

ナイキのブレーザーとは

1973年にでたバスケットシューズ
名前の由来はアメリカオレゴン州のポートランド・トレイルブレイザーズからきている

ナイキのブレーザーとは1973年にでたバスケットシューズが最初の発祥です。
名前の由来はアメリカオレゴン州のバスケットチームポートランド・トレイルブレイザーズから来ています。

スニーカーの特徴

ブレーザーの特徴としてまずハイカットタイプとローカットタイプがあります。
また、素材もレザータイプとスエードタイプのものがあります。

見た目の特徴としては少し、ボリュームのあるタイプでローカットのタイプはスケートシューズにちかい見た目です。

ハイカットとローカットで大きな違いはボリューム感です。
ハイカットの方がもちろんボリューム感があるのでより靴の存在感が出ますが、逆に目立ち過ぎてしまう可能性もあります。

ローカットに関してはハイカットよりも存在感じたいは少なくなりますので合わせ方としてはハイカットほど気を使わなくても良いです。

レザー素材とスエード素材の違いですが、レザーは一般的に言われる、革素材です。スエード素材は起毛感のある素材です。

印象の違いとしては、レザーは1年通して履けるタイプですが、スエードは見た目が起毛していることもあり、冬にしか履けないと言われていたりします。
しかし、実際にはスエードも通年して履いても問題ありません。

起毛感はあるため、印象として夏は少し季節感が合わないところもあるかもしれません。
そのため、夏はレザー素材のタイプを選んでもいいかと思います。

素材の印象としてはレザーの方がフォーマルに、スエード素材はレザーに比べるとカジュアルに見える傾向があります。ナイキのブレーザーはかたちとしては、カジュアルな部類にはなるのですが、その中でも少し、きれいめに見せたいのあればレザー素材を選択するといいです。

魅力はそのレトロ感

ナイキのブレーザーのもう一つの特徴はそのレトロな雰囲気にあります。初めに発売された年代からかたちや面影をちゃんと残しながら現代まできていますのでその時代の雰囲気がシューズにでています。

基本的にはシンプルなデザインで、合わせやすいので様々なファッションスタイルのバリエーションにも対応できます。1足あると非常に便利シューズです。
シューズとしてはボリュームのあるシューズのため、スポーティーなファッションだとその雰囲気が強くなりすぎる可能性があります。

そのため、カジュアルな雰囲気になりすぎないように少しきれいめに合わせるくらいがちょうどいいです。

また、ナイキのブレーザーのマークのスウッシュの存在感が他のナイキシューズよりも強いです。そのスウッシュのロゴマークがいい感じに主張していて、いいアクセントになっています。

サイズ感に関してですが、少し幅が狭い印象がありますので普段よりハーフサイズ上でもいいかと思います。フォルム自体は少し細めに作らている印象です。

[itemlink post_id=”727″ alabel=”Amazonで探す” rlabel=”楽天市場で探す”
ylabel=”Yahooで探す” ]

ナイキのブレーザーは1足あると便利

ナイキのブレーザーは一見デザインも特徴的に感じますが、実際はシンプルで合わせやすいので1足あると便利なスニーカーです。

ハイカットやローカットもレトロ感とボリュームがすこしあるので合わせ方で迷ってしまうところもあるかもしれません。
実際はそこまで難しいものではないのでわかってしまえば簡単です。

ぜひ、今購入を迷っている方は1足あると便利なのでおすすめですよ。

[itemlink post_id=”727″ alabel=”Amazonで探す” rlabel=”楽天市場で探す”
ylabel=”Yahooで探す” ]