靴夏用

デッキシューズは雨の日に履けるのか?【結論】履けますが注意が必要!

雨の日のシューズ

デッキシューズを雨の日に履けるが注意が必要

デッキシューズを天にはける暇ですか白事は可能ですが注意が必要です。
理由として摘出の素材は基本乾かキャンバス地なのでこちらの素材も水を吸い込む性質があります。

そのため、雨の日に履くときは事前にケアをする必要があります。

事前にケアをしておけば吐く事は全然可能です。
この近所で白前の事前の家を開設したいと思います。

デッキシューズを雨の日に履く時の注意点

デッキシューズを雨の日に履くときの注意点ですが水をできるだけ染み込ませないようにする必要です。

その、水を染み込ませないようにするための方法を紹介します。

防水スプレーはしておこう

摘出を雨の日に履くときに水を染み込ませないようにする方法として防水スプレーを使用するやり方があります。

こちらの防水スプレーは靴に吹きかけるだけで水を弾いてくれるものです。

この防水スプレーを使用することにより雨の日に履いても靴に水を染み込まないようにすることが可能です。

ここで注意する事は水を完全に染み込ませないようにすることはできないので防水スプレーをしているからといって水の多いとこに入るのはやめたほうが良いでしょう。

後はスプレーを吹きかけすぎてしまうとシミになる可能性があるので適度にかけるようにしましょう。

極力雨に当たらないようにする

スプレーを吹きかけたとは極力雨に当たらないようにすることが重要です。
基本的には雨に強いシューズではないのでできれば水に当たらないのが1番です。

自然に雨に当たるのはしょうがないですが水たまりなのに止めるなどする事は極力避けた方が良いかと思います。

もとは船のデッキで履くものだが水に強い訳ではない

デッキシューズの由来としては音は船の上で履くものですが今のシューズに関しては水に強いわけではありません。

現在のデッキシューズ自体は街で履くことを想定して作っているので製造され始めたときのように船の上で履くようには考えられてせいぞうはされていません。

そのため、基本的には水や雨にはそこまで強くはないと考えておいたほうがいいでしょう。
デッキシューズの由来は船の上で履くように製造されたためその流れで履けるようになっていると考えがちです。

しかし、実際は街で履くことを想定して製造されているため、雨の日に履くのは注意が必要です。

雨の日でもおしゃれをして行こう

雨の日だからといって、お気に入りのスニーカーや靴を履けないのは残念です。
せっかくなら、雨の日でもおしゃれして履きたいですよね。

この記事で述べたとおり、ちゃんと防水スプレーや水たまりなど、大きく水が染み込むようなことがなければ、問題なく履けます。

そのため、しっかりとケアを行いながら履いて、おしゃれしていきましょう。
デッキシューズは夏の定番でなおかつ履きやすい靴のため、せっかく奈良雨の日も履いてまちにでかけてみたいですよね。

万全なケアを行いながらぜひ、履いてみてくださいね。

人気のデッキシューズはこちら