スニーカー手入れ

スニーカーの手入れのやり方を解説!やるかやらないかで寿命が変わる

コンバースの画像

スニーカーの手入れをしたいけど、やり方はどうしたらいいのだろう?
このような疑問にお答えします。

スニーカーの手入れは手順が明確に分かれています。
この記事では

  • キャンバス地のスニーカーの手入れ
  • レザースニーカーの手入れ
  • スエードスニーカーの手入れ

について解説します。

販売員としてスニーカーを販売しており、自分の靴を何度も手入れしていた筆者がお答えします。

この記事を参考にスニーカーを手入れをすれば、お気に入りのスニーカーの寿命が大きくのびます。

そこまで難しいことはないので、ぜひ、参考にしてください。

スニーカーは手入れで寿命が変わる

スニーカーを最初に購入した時はピカピカの状態でいい感じなのに履いていくうちに1か月後には汚れが目立ってくることはよくあることです。
今回はスニーカーの手入れを素材別に解説します。
スニーカーの手入れはそこまで難しくありません。

慣れてしまえばそこまで時間もかけずにすむことができます。
スニーカーの手入れをする理由として、靴の寿命が変わることがよくありますよ。
ほとんど毎日履く靴ならなるべく長く履きたいかと思います。手入れをするしないではスニーカーの寿命はだいぶ変わります。

ぜひ、この記事で手入れを学んで愛用するスニーカーを長く履いてください。

キャンバススニーカーの手入れ

まず、はじめに紹介するのがキャンバス地のスニーカーの手入れです。
キャンバス地とは布地ようなスニーカーのことです。
用意するものとしては

  • ブラシ
  • クリーナー

です。
ではやり方を紹介していきます。

・靴を濡らす
まず、初めに靴を満遍なく濡らします。
水やお湯でもいいですが水の方がスニーカーを痛めることがないため、いいかと思います。

・ブラシにクリーナーを付けてこする
次にブラシにクリーナーを付けて、スニーカーを洗います。
ポイントは弱すぎずにこすることです。
あまりに強くこすることはよくありませんがキャンバス地は強い素材のため、少し強めにこするくらいが汚れも落ちます。
この時に靴の中敷きはとっておきましょう。
中と外をしっかりと磨きます。

・日陰に干す
磨き終わったら日光が直接当たらないところで日陰に干します。
1日程度様子を見て乾いていたら、中敷きを入れて完了です。

レザースニーカーの手入れ

レザースニーカーの手入れは基本的には革靴と同じ要領でやります。
レザーはデリケートな素材のため、注意して行います。
用意するものとしては

  • ブラシ
  • 水性汚れ落とし
  • クリーム

です。

・ブラシで汚れを落とす
はじめにブラシで汚れを落とします。
この時のポイントは内から外に向けてブラシを動かすイメージです。

・水性汚れの落としで磨く
ブラシで汚れを落とした、次に水性の汚れ落としで磨きます。
布の水性汚れ落としを付けて、指に布を巻いて、円を描くように磨きます。
この時のポイントは水性の汚れ落としをつけすぎないことです。
レザー自体水に弱い性質がありますのでつけすぎるとしみになってしまう可能性があります。

・クリームをつける
そして最後に靴のクリームを付けます。
クリームはシューズの色と近いクリームをつけます。
こちらも布にクリームをつけて、スニーカーに塗っていきます。
こちらもポイントとしてはクリームをつけすぎないことです。

・ミトンで仕上げ
最後はミトンで仕上げ磨きをしてクリームを拭いて完了です。

スエードスニーカーの手入れ

スエードスニーカーの手入れは基本的にこすることなどはできないため、ブラシで汚れを落とすことやスプレーで栄養を与えることくらいです。
スエード自体デリケートな素材のため、手入れは必要最低限になります。
用意するもの

  • ブラシ
  • 消しゴム
  • スプレー

です。

・ブラシで汚れを落とす
ブラシでスエードの汚れを落とします。
こちらもレザースニーカーの時と同様に内から外に向かってブラシをかけます。

・汚れを目立つところは消しゴムで消す。
汚れが目立つところは消しゴムで消していきます。
こちらもこすりすぎないように注意してやります。

・スプレーで栄養を与える
最後にスプレーで栄養を与えます。
スプレーは30センチほど離れた位置で吹きかけていきます。
そして、満遍なく吹きかけてらおしまいです。

スニーカーの手入れ頻度

スニーカーの手入れの頻度はブラシをかけるのは履いたら毎日かける方がいいです。
クリームなどを塗ったりする行為は大体10~15回程度履いたら、手入れする感覚でいいです。
この手入れを行うか行わないかで寿命がかなりかわりますので是非やってみてください。

まとめ

今回はスニーカーの手入れについて解説しました。
そこまで時間は慣れればかからないので、まめにやるだけで寿命だけではなく、愛着もわきますのでぜひ、記事を参考にやってみてくだい。