スニーカーおすすめ

コンバースのローカットの黒のコーディネートのやり方【メンズ】

コンバースのローカットスニーカーの黒の合わせ方は?

コンバースのローカットは世界的にも有名な1足で一度は履いたことある人も多いかと思います。特にコンバースのローカットの黒は定番のシューズです。

しかし、実際にはどうやって合わせたり履いたりすればいいのかわからないですよね。
コンバースの特徴やどのような印象を与えるか理解せずに合わせると難しくなってしまいます。

今回の記事ではコンバースのローカットの特徴とどんな印象になるアイテムなのかとどのようにコーディネートするのかをお伝えします。

コンバースのローカットの特徴

コンバースの黒の画像

コンバースのローカットの特徴は素材がキャンバス地であり、フォルムは細めです。そして、靴底に関しては薄いため全体的にコンパクトなシューズです。

そのため、サイズもハーフサイズ上を選ぶとちょうどフィットします。

印象としてはカジュアル感の強いシューズです。
補足としてシューズにはカジュアルとドレス寄りのタイプがあります。

簡単に言うとカジュアルは崩した印象、ドレスはかっちりした印象です。
カジュアルの代表はスニーカーでドレスの代表は革靴です。そのバランスを見ながらコーディネートするわけです。

その中で言うとコンバースはカジュアル寄りのシューズです。
そのため、合わせ方次第では少年感がでて子供っぽく見えてしまうので注意が必要です。

しかし、コンバースの魅力はそのカジュアルさにあります。

特徴としてキャンバス地の素材感とすっきりとしたフォルム、白い靴ひもとシューズとの色のバランスなどコーディネート次第では非常にいい味をだしてくれるシューズです。

その特徴を把握しながら合わせていくかたちです。

コンバースのローカット黒は色の合わせ方を注意する

かたちの特徴は説明しましたので今度は色の印象です。今回は黒のコンバースをお話しします。

まず、黒の印象として先ほどの印象の話で言うとドレス寄りの色です。
そのため、印象としてはかっちりした印象になります。

実際にコーディネートする時にパンツの色は黒に近い色を選択するといいです。
例をあげるなら白のパンツを合わせた時にシューズの黒の色が極端に目立ってしまって違和感がある印象になります。

できるだけ黒は引き立て役にするようにコーディネートするとうまくいきます。

パンツは同じ色で合わせてもいいですし、紺色や色の濃いデニムであれば合わせても問題ないです。できるだけシューズとまとまった印象にするといいです。

上に着用する色は派手な色使いをしなければ合わせる色は幅広くしてもいいです。
どちらかと言えばパンツの色のほうが大事です。

コンバースのローカットはシルエットを意識する

コンバースのローカットは着用する洋服のシルエットを意識します。
理由としてコンバースのローカットは基本コンパクトなスニーカーというお話をしました。

そのため、太めシルエットを合わせたり、でかめのサイズを合せるとその大きさにコンバースのローカットが負けてしまし、バランスがとりにくくなるからです。

そのため、できるだけコンバースの大きさに合わせてパンツは細めを選択し、上もできるだけジャストサイズを選ぶとまとまった印象になります。

厳密にはファッションのテクニックで上に着るサイズだけでかくするなどはありますがここでは基本的には細めにまとめると印象はよくなります。

ズボンの丈に注意する

コンバースのローカットを合わせる時はズボンの丈に注意しましょう。
コンバースは靴底が低い形になっていると説明しました。

コンバースの低い靴底に丈の長いズボンを合わせると地面に裾がすれたり、靴に裾がかぶってしまい、野暮ったい印象になります。

そのため、ズボンの丈は少しクッション、くの字に曲がるくらい、またはそれより少し短いくらいを意識して裾上げするとバランスもきれいに見えてきます。

間違っても裾上げをせずに長いままで履くのは注意しましょう。

コーディネート例

コンバースの黒の廊下等を使ったコーディネート例を紹介していきます。

コンバースの老化とは合わせやすいシューズで様々なコーディネートスタイルに対応できます。

個人的に参考になるスタイルをピックアップして紹介します。

デニムロールアップスタイル

コンバースの黒コーデ画像by:wear.jp

コンバースとパンツのロールアップは非常に相性の良いスタイルです。

特にデニムとロールアップでは程良いカジュアル感が出るため見た目も綺麗に見えます。

コンバースのシューズとデニムではカジュアル感が強く出るため上はかっちりしても良いですしそのままラフな感じを残したいのであれば画像のようなカバーオール等でも良いでしょう。

非常にお手本の様なスタイルです。

コンバースのローカットの黒は1足持っておくべき

コンバースのローカットはシンプルで合わせやすい非常に便利なアイテムです。
これまで長く愛用されていてる理由もそのあたりある気がします。

しかし、合わせ方を間違えるとカジュアル感が強くなってしまうため注意が必要です。
この記事で述べたことを頭においてコーディネートしていただければうまく合わせる事ができるはずです。

1足ある便利なスニーカーのひとつなのでぜひ、この機会に試してみてください。