スニーカーおすすめ

コンバースのサイズの選び方はどうする?特徴とサイズ感を解説

スニーカーの定番ブランドコンバース。
デザインもシンプルで合わせやすくおしゃれな人たちにも大変人気のブランドです。

しかし、サイズ感については他のスニーカーと同様にジャストサイズを選んでいませんか?

コンバーススニーカーは幅が狭いため少し大きめで履くのがポイントです。

そこで今回の記事ではコンバースの靴の特徴と少し大きめで白理由を解説します。

早速チェックしてみましょう。

コンバースのサイズを選ぶ基準

コンバースの画像

コンバースのサイズを選ぶ時は少し大きめを選ぶといいでしょう。

コンバースはフォルムが細いため、ジャストサイズで履くと少し窮屈に感じる場合があります。

そのため、サイズを選ぶ時はハーフサイズと違和感なく履くことができます。

この記事ではコンバースの靴の特徴などを解説していきます。

コンバースは靴は幅が狭い

コンバースはく靴の幅が基本的に狭いです。
また、素材もキャンバス地のため、特に伸びる性質はなく、履いたサイズ感がそのまま履き心地になります。

そのため、履き心地は少しフィット感のある印象です。
ソールのかたちで足幅も決まるのため、ソールの幅もコンバースは狭いです。

ハーフサイズ上げるくらいがベスト

コンバースは幅が少し狭めに製造されているため、ハーフサイズ上げるくらいがベストです。
しかし、注意点があり、サイズを上げることにより、足の先が余ってしまうと歩く時にカパカパしてしまう可能性があるため、足先がどのくらい余るかと相談しながら決めるといいです。

足先は大体1センチから2センチくらいの余裕があるのがベストとされています。
そのため、足の幅を考慮して、ハーフサイズを上げて、なおかつ足の先が余裕が出過ぎないように注意してサイズを決めるといいです。

ソールは少し薄い

コンバースの特徴のもう一つがソールが少し薄めにできています。
ソールが薄いからといって急に足の裏が痛くなるとかはないのですが、履いた感覚は足の衝撃が少し感じるくらいです。

そのため、足への衝撃が気になる方はコンバースの日本製を選ぶといいです。

アメリカ製に比べると日本製のコンバースは方がクッション性があります。

コンバースのクッションを高くすると今度は見た目のスタイリッシュさが損なわれてしまうため、ソールはの形がベストです。

コンバースは幅が狭く、なおかつ、ソールも少し薄めのため、見た目がかなりコンパクトです。
そ多少サイズを上げても見た目が大きく見える心配がないです。

シューズは自分の適性サイズより大きめを選択すると途端にバランスが悪く見えるため、基本的にはすっきり見えるサイズ感を選ぶのがベストです。

ハイカットローカットがある

そして、もう一つコンバースの特徴がハイカットとローカットがあります。
ハイカットはくるぶしまで覆われているタイプでローカットはくるぶしが丁度見えるタイプになっています。

ハイカットとローカットでもサイズ感が多少違ってきます。
やはり、ハイカットのほうがサイズがフィットする感覚があるかと思います。
そのため、ハイカットを選ぶ際は0.5センチ、もしくは1.0センチくらい大きくする可能性がでてきます。

ローカットに関してはあまり大きくすると靴が脱げてしまう可能性があるため、大きくしてもハーフサイズが無難かなと思います。
しかし、そこは足幅と相談のため、そのあたりのバランスを決めて選ぶといいです。

日本製とアメリカ製の違い

日本製のコンバースとアメリカ製のコンバースは何が違うのか?

簡単に説明するとコンバースは2001年に一度倒産しておりそこで日本の商社が商標権を書いておりました。

その後、アメリカのNikeがコンバースを買収して日本とアメリカでは別々のコンバースが生まれました。

そのため、日本のコンバースは日本の独自の製造を行っており日本人の足の形を考慮した作りをしています。

その他にも細かな作りの違いが現れています。

コンバースは1足は持っておくべき

コンバースは世界でも有名なシューズ1つではないでしょうか?
その見た目のシンプルさと履きやすさはファッション関係者だけではなく、様々な人たちから愛されているスニーカーです。

やはり、その見た目のシンプルは合わせやすく、どんなスタイルにも使える1足です。
どんあ洋服に合わせてもそれなりに見えるシューズはなかなかないため、1足持っておいても損はないブランドです。

サイズも基本的には幅が狭いため、ハーフサイズは上げることを考えて選べばいいです。
しかし、実際にはジャストサイズで丁度よかった場合もあるのであくまでも目安で合わせて見てください。