スニーカーおすすめ

アディダスのサイズはどう選ぶ?選ぶべきポイントは1つ!

アディダスの靴の画像

アディダスのサイズはジャストサイズで選ぶ

アディダスの靴のサイズを何を選べばいいか迷うことも多いかと思います。
実際にアディダスのサイズがどのような作りで普段の自分のサイズと同じでいいのかそれとも少し大きめで選ぶべきわからないことも多いです。

結論から言うとアディダスの靴のサイズはジャストサイズでいいです。
ジャストサイズとはぴったりめで選ぶことです。

よくスニーカーは少しゆとりを持つほうがいいと言われますが、それはアディダスのシューズに関してはかんがえなくていいです。
その理由を説明します。

アディダスの靴は幅は狭いが体感はでかい

アディダスのシューズは実際の靴の幅はそこまで大きくはないのですが、実際に履いてみると体感としては少し大きく感じます。
その理由として、アディダスの靴は基本的に合皮など革素材が多く、素材としては硬いためそこまでストレッチがきくわけではないため、少し大きく感じるのかもしれません。

そのため普通のスニーカーのように少しゆとりがあると靴が大きくて脱げてしまう可能性があります。

そこを考慮してジャストサイズを選ぶといいです。
実際にジャストとはきつく感じるまでサイズを選ばなくていいかと思いますが、自分の足の付根を触ってみて、感触が感じるくらいかあとは実際の体感としてぴったり感じるくらいで合わせるといいです。

革素材は多少伸びる

次にぴったりめで合わせたほうがいい理由として、革素材は伸びる性質があるためです。
アディダスの靴は大体が牛革や合皮などの革素材のため、履いていくうちに伸びてきて最初履いたサイズよりもでかくなります。

そのため、最初にゆとりを持って履いているとだんだんでかくなり、最後はカパカパになります。そのため、最初にジャストサイズで選んでおけば、後々、でかくなってきても丁度いい大きさになります。
そのような理由から最初ジャストサイズで選んでおくべきです。

アディダスのシューズのケア

次に大事な要素として、シューケアをすることです。
靴の手入れをするとしないとでは大きく靴の寿命が変わります。
そして、アディダスの素材が革素材が多いことも理由です。

革素材は非常にデリケートな素材のため、手入れを怠ると劣化が早くすぐに靴がだめになってしまいます。

シューケアの方法としては簡単で使い終わったらブラシと10回ほど履いたら汚れ落としと靴のクリームをつけることです。
汚れ落としは水性のものがあるためそちらを使用します。
汚れ落としを布につけて円を描くように靴の汚れを落とします。
その後、靴の色と近いクリームを布につけて、靴に塗っていきます。
そして、それを日陰に干しておくだけです。

ブラッシングは馬毛のシューズブラシがあるのでそれを履いたあとに簡単にブラッシングして完了です。
ブラッシングは自分の体の内側から外側に向かってするだけの非常の簡単な作業です。
この簡単な作業を日々するかしないかで寿命が大きく変わります。

まとめ

アディダスのスニーカーは定番のシューズで1足あると間違いないスニーカーです。
しかし、実際にはサイズの選び方などわからない部分もあるかと思いますがシューズの特徴をしっかりと理解して履けばなんにも問題なく履けますのぜひこの機会に一度履いてみてください。