靴夏用

【簡単】夏の靴をオシャレに履く5つの方法|夏の靴の特徴と合わせ方も解説

夏の靴をオシャレに履くには法則がある

夏の靴をオシャレに履くにはいくつかの決まりがあります。その決まりとは選択するシューズ、合わせる色を意識する、合わせるアイテムを間違えない、きれいめに履くことを意識する、サイズを間違えないこのあたりを意識して合わせると夏の靴をオシャレに履くことができるます。

夏のシューズは他の季節に比べて靴の露出する機会が多くコーディネートする上でシューズは重要なアイテムになります。そのため、合わせ方を間違えると途端にダサい印象になります。

夏の定番シューズタイプを選ぶ

はじめに意識するポイントはシューズのタイプを選ぶ事です。シューズのタイプとは革靴、スニーカーとありますがここでは夏の定番の靴を紹介します。夏にしか履けない靴を選択するほうが季節感もでて、かつオシャレに履きこなすことができます。夏の定番シューズを紹介します。

・デッキシューズ

夏の定番シューズのおすすめの一つにデッキシューズがあります。

デッキシューズの起源は船のうえで履くために作られたシューズです。製造までの過程はあるのですがここでは簡単に説明しておきます。デッキシューズがおすすめの理由として季節感がでる非常にでるアイテムでなおかつ合わせやすいアイテムです。合わせ方についてはこちらの記事を参照してください。

参考:デッキシューズでコーデする簡単な方法【メンズ編】おすすめブランドも紹介

夏の靴をオシャレに履くにはデッキシューズは非常におすすめです。

・エスパリドリーユ

エスパドリーユの画像

次におすすめの定番シューズがエスパリドリーユです。もとはフランス地方のシューズが由来であり、作業靴としてはかれていた歴史があります。

特徴としては靴底が麻素材を使用してるのが特徴です。靴のフォルム自体もかなりすっきりしており爽やかな印象のあるアイテムのため、夏の季節感にぴったりなアイテムです。

エスパドリーユでおすすめはブランドはリビエラです。
リビエラもフランス発症のブランドでスタイリッシュな雰囲気がおしゃれです。

・レザーサンダル

つぎにおすすめするアイテムとしてレザーサンダルです。サンダル自体が夏の定番のアイテムですがここではレザー素材のサンダルをおすすめします。理由としてサンダルは履きやすく使用しやすいのですが逆にカジュアルな印象になりすぎてしまいます。

夏の服装自体がカジュアルになりがちのため、そこにサンダルですとカジュアルさが増してしまいます。その点、レザーですと上品な雰囲気があるためそのカジュアルさをやわらげてくれる効果があるためコーディネートとしてもまとまりがでるためおすすめです。

色を意識する

次に意識するポイントは色です。靴の色を選ぶ時は季節感を意識します。靴の色自体そこまで多くないため、選択の幅もそこまで多くないのですが合わせやすい色は存在します。

選択する色の種類は黒、茶色、青、白です。この4色以外は基本使わないでいいです。
簡単にいうと赤などの派手な色は避けましょうということです。

決して赤の靴が使えないということではなく、夏のファッションをする上では扱いが難しいという話です。

色の原則として赤などの派手な色はカジュアルに見える印象があり、カジュアルに見える夏の装いに派手な色を合わせてしまうとよりその印象が強くなってしまいます。そのため派手な色はさけて合わせるのがポイントです。

テイスト合わせる

デッキシューズのコーデ引用:wear.jp

次はテイストを意識することです。テイストとはコーディネートの全体の雰囲気です。先ほどもでてきたデッキシューズなどはスニーカーなどに比べるときれいめな印象です。

ロゴが入ったTシャツなどカジュアルなアイテムよりはシャツなどきれいめなアイテムの方が相性がいいです。

参考:デッキシューズでコーデする簡単な方法【メンズ編】おすすめブランドも紹介

デッキシューズ、エスパリドリーユ、レザーサンダルは基本的にはきれいめに合わせると相性がいいアイテムです。

きれいめに履くことを意識する

デッキシューズのコーデ画像

こちらの画像はドレス寄りアイテムの半袖シャツにレザーのデッキシューズ 合わせています。全体的には白で合わせているコーディネートできれいにまとまっているスタイリングです。

こちらのスタイルに夏の定番アイテムのTシャツやショートパンツを合わせたらどうでしょうか?途端にラフな印象に様変わりします。

夏の服装はカジュアルになりがちです。ラフに着こなす事自体悪いことではないのですがラフになりすぎるとコーディネート自体が崩れてしまう可能性があります。ラフなスタイルになりがちな夏のスタイルはきれいめに合わせることを意識するくらいがちょうどいいです。きれいめに合わせるポイントは色とアイテムです。

色に関しては落ち着いた色を選択します。落ち着いた色とは黒やグレーなど少し暗め色です。夏のスタイルは色が明るめになりがちですのでコーディネートのどこかに少し暗めの色を取り入れるといいです。

次に意識するポイントは合わせるアイテムです。きれいめなアイテムの一つとして半袖シャツがおすすめです。シャツ自体がきれいめなアイテムのため、夏のカジュアルになりがちな雰囲気をすこしでもやわらげてくれるアイテムです。

また、ショートパンツもよく夏に履くアイテムですがサイズと丈を意識することが重要です。丈はひざ上を意識します。丈がひざ下までくると途端に野暮ったい印象になるためきれいめに見せることができなくなります。そのため、ショートパンツを選択するときは丈を意識して履きましょう。

靴のサイズをちゃんと合わせる

次に意識するポイントはサイズです。サイズは非常に重要なポイントです。意外に靴のサイズが合っておらず、微妙に合っていない靴を履いていたりします。

サイズの選び方としてデッキシューズなどの皮素材は履いていくうちに伸びてサイズがでかくなってしまったりするのでぴったりめに選ぶのがポイントです。

サンダルであればかかととサンダルの靴底がしっかりと合っている状態がベストです。

スニーカーは履いて自分のつま先を押して1センチ程余裕があるのがベストです。

ここでサイズ選択を誤ってしまうと全体的なシルエットが崩れてしまってオシャレに見せる事が難しくなるのでサイズ選びはしっかりおこないましょう。

夏はどのシューズを選ぶかが肝心

夏のシューズは露出する部分も多くオシャレに影響する要素が多数あります。

そのため、合わせ方や特性を分からずになんとなく合わせてしまったりするとコーディネートにが台無しになってしまう可能性が多くあります。

これまで述べたことを頭に置いてコーディネートすればオシャレに見えるはずなのでぜひ、意識して試して見てください。