スニーカー手入れ

【簡単】スタンスミスの洗い方と自宅でできるケアのやり方を紹介!

スタンスミスを洗うときになるべく傷めないで洗浄したいと思いますよね。

できれば、簡単な方法できれいにしたいものです。
実はスタンスミスを水溶性の汚れで落としとそれは驚くほど簡単にきれいに汚れを落とすことができます。

そこで今回の記事ではスタン・スミスを水溶性の汚れを落としで落とすやり方を紹介します。

この方法使えばスタン・スミスがピカピカになり新たに生まれ変わったかたちで履くことができます。

アディダスの靴の画像
アディダスのスタンスミスは雨の日に履いても大丈夫?防水の方法を紹介スタンスミスは雨の日に履けるのか?履いても大丈夫なのか? そんな疑問にお答えしている記事です。おしゃれなスタンスミスを雨に日にでも履きたいと考えている方へその方法を解説します。...

スタンスミスのオキシ漬けは失敗する?

スタン・スミスの洗い方でオキシ漬けする方法があり、1回できれいになりますが靴が重くなってしまうなどのデメリットもあります。

そのため、今回紹介する水溶性の汚れ落としで落とせば靴が水分を含むことなく落とすことができます。

スタンスミスをオキシ漬けに注意する理由

スタンスミスにオキシ漬けをするとよくない理由として、水分を含んでしまうことが挙げられます。

水を含むと重くなってしまう理由としてスタンスミスの素材は革素材のものがあり、革は水などの成分に弱い性質があります。

ABCマートなどで販売されているスタン・スミスは合皮が多く水を吸っても大丈夫な面がありますが、オリジナルのスタンスミスは革素材なので水分を含むと痛んで重くなる可能性があります。

スタンスミス自体が白のため目立たない場合もありますが、水を吸ってシミになってしまったり水分を多く含んで重くなってしまったりデメリットが大きいです。

しかし、オキシクリーンで漂白されて白くなることもまた事実です。

スタンスミスの革素材のスニーカーは水分を含んでしまうので雨の日に履くならまた別の対策が必要です。

オキシ漬けは最終手段として行うことであり、その前に行える事はあります。

おすすめは水性汚れで落とし磨く

おすすめはまず、水性の汚れ落としで落とすことです。
水性汚れ落としとは革靴で使用する汚れ落としですが皮素材のスタンスミスであればこちらの汚れ落としも使用することが可能です。

水性汚れ落としであれば極端に水分を多く含んだり、シミなる可能性も少なくなります。
基本的にはこちらの水性汚れ落としで十分にきれいになると個人的には思います。

水性の汚れ落としの役割の例で言うと女性の化粧のクレンジングと似ているものがあります。
化粧は落とさないと肌の調子が悪くなるように靴も定期的に汚れを落としてまた、クリームなどで保湿をするなどの繰り返しの作業になります。

[itemlink post_id=”221″ alabel=”Amazonで探す” rlabel=”楽天市場で探す”]

水性汚れ落としの使い方

次に水性汚れ落としの使い方です。

ブラシで靴の汚れを落とす。

ブラシで磨くby:murakamiyuya.com

馬毛のブラシでブラッシングします。
ここで表面のホコリなどの汚れを落としていきます。

[itemlink post_id=”427″ alabel=”Amazonで探す” rlabel=”楽天市場で探す”]

布に少量づつ水性汚れ落としをつけて、指で円を回すように汚れを落とす

革靴を磨くby:murakamiyuya.com

布の切れ端などを使い指に巻き付けてその先に水性の汚れを落としをつけます。
つけたらつま先から徐々に円を描くように汚れを落としていきます。

最後に空拭きで拭く

革靴を拭くby:murakamiyuya.com

[itemlink post_id=”226″ alabel=”Amazonで探す” rlabel=”楽天市場で探す”]

画像は革靴ですがスニーカーでもやり方は基本的に一緒なので置き換えて実践していただければと思います。

基本的にはこのやり方である程度は汚れは落ちるはずなのでまず試してみて下さい。

それでもきれいにならないならオキシ漬け

上記の手入れ方法を行ってもまだきれいにならない、またはもっと白くしたいなどであればオキシ漬けをしてさらに漂白をかけるのはいいです。

しかし、最初からオキシ漬けをするのはリスクが大きいのでまずは水性汚れ落としで行ってからオキシ漬けを行うとベストです。

スタンスミスを洗うならまずは水溶性の汚れ落としで

スタンスミスを洗うなら、まずは水溶性の汚れ落としで落とすことをおすすめします。

スニーカー自体が基本的に水に漬けることはお勧めできないからです。
そのため、まずは水溶性の汚れ落としで落としてから、それでも落ちない場合にオキシクリーンで洗うことをおすすめします。