革靴種類

【男性】結婚式に履いてもいい靴を解説|迷わない革靴の選び方!

結婚式に履いてく靴のおすすめは黒の内羽根式

結婚式は一生に一度の晴れ舞台の場面で失礼な服装を着ていくことはあってはならないです。そのような場面で意外にわからないのが履いていく靴です。靴にもフォーマル度があります。主な形として外羽根式と内羽根式があります。フォーマル度は内羽根式の方が高いと言われています。
内羽根式とは靴の紐を通す部分あたりが内側に向いているかです
違いがわかりますでしょうか?靴ひもを通部分上の内羽根式は内側に入り込んでいるのに対して外羽根式は外側に出ています。ファッションでは装飾が少ない方がフォーマルとされていますので内羽根式の方がフォーマルとなります。

フォーマルな場では靴の色は黒

次に色ですが基本的に結婚式などのフォーマルな場では黒がいいです。色の中では一番黒がフォーマルです。そのため、式典などに出席の時は黒の内羽根式を選択しておけば間違いはありません。

靴のかたち

次に靴の形ですが革靴にもかたちは様々あります。ストレートチップ、ローファーなどありますがここでは一番フォーマルなかたちとされるストレートチップをおすすめします。
つま先あたりの○で囲った部分です。ここのかたちをストレートチップといいます。この形をえらんでおけばまず間違いありません。逆にカジュアルな革靴でいうとローファーがそれにあたります。学生服に履いたりするかもしれませんが結婚式などの場面ですと失礼にあたいすることもあるので使用するのは避けましょう。
黒の内羽根式のストレートチップを選んでおけば間違いありません。

スーツの選び方

次にそれに合わせるスーツの選び方ですがこちらも黒のスーツがいいです。黒が一番フォーマルであるとお伝えした通りです。
シャツの選びかたですがシャツは白のシャツが一番フォーマルとされています。
装飾は少ない方がいいとされているのでシャツ部分にボタンがついているボタンダウンと呼ばれるものは避けといたほうがいいでしょう。また、袖のカフスとい部分がありますがそのかたちにダブルカフスと呼ばれるものがあります。ちょうど折り返しになっているタイプですがそちらはもともとの用途がドレス用のため使用しても問題ありません。

ネクタイの選び方

次にネクタイの選びかたですがネクタイで一番フォーマルなのでシルバーのネクタイです。こちらもできれば無地のタイプが好ましいでしょう。しかし、多少の柄であれば許容範囲内です。一番用途にふさわしくないのが派手な色や柄です。派手な色は例えばですが紫の色のものであり、柄であればペイズリー柄などは避けといたほうが無難です。
時計はつけていいの?
結婚式に時計はつけても問題ありません。こちらも派手なものでなければ問題ないでしょう。ベストは黒の革ベルトのタイプが一番好ましいとされています。

チーフはつけていいの?

次に胸ポケットに入れるチーフですがこちらもつけて問題ありません。結婚式のようなおめでたい席であれば積極的につけて問題ないでしょう。しかし、こちらもつける際は派手な色や柄は避けておいた方がいいでしょう。一番好ましいとされるのは白のチーフで無地のタイプが一番いいです。

まとめ

結婚式で着用するものには明確なルールが存在します。そこをしっかりと把握せずに着用すると失礼にあたる可能性もあります。この記事で述べたことを頭において選んでいただければそのようなことは避けらるはずですので参考にしていただければ幸いです。